白猫TCG盛り上げ隊!

名古屋でひっそり活動してます。主に白猫TCGについて書いています。まだ始まったばかりのTCGです、みんなで盛り上げていきましょーい!

新要素のお話

f:id:kamen4645:20190622082812j:image

ブースターパック9弾「夜明けを導く者」の発売まで1ヶ月きりましたねー!

新要素とこの前のサブマリンフェスや猫ステフェスの結果も踏まえて来月はルールも改正するみたいです(ソアラは規制されるって噂もちらほら聞きますね。ごめんねぇ!強くてさぁ!←わかった人は僕と握手)。

さて、新要素としてリーダーカードが追加されるみたいです。

リーダーとはなんぞや?って人は公式HPをチェックだ!

https://bizpl.jp/shironekotcg/products/booster_09/

他で言う所のEXデッキみたいなものが追加されるって感じですかね。リーダー化をするとEXからフィールド魔法が出てくるみたいな。

さて、そんなリーダーカードですがいくつか疑問もあったので公式に問い合わせました。

現状での情報を簡単にまとめてみます。

リーダーカードとは?

リーダーカードはメインデッキに入らず、「ゲーム外」に存在しています。

これをメインデッキに入っている「リーダー化」のスキルを持っているキャラクターを使ってリーダー化させる事で、「リーダーエリア」にリーダーカードを配置できます。

リーダーカードの扱い

リーダーカードはキャラクター扱いではありません。なので、リーダー化するとリーダーエリアに配置されます。キャラではないので攻撃も体力も持っていませんし戦闘には参加できません。故に戦闘やダメージによる撤退もしません。ただし、リーダーカードも自身でルーンは持っています(紫や橙使う人はピンときたのでは?)。

リーダーエリア

公式HPを見る限り、キャラエリアの横に専用のエリアとして存在するようです。

リーダーエリアに配置できるリーダーは1枚のみで、既に配置されている状態で新たにリーダー化をすると既に配置されているリーダーと張り替える形になります。既に配置されていたリーダーカードはメインキャラと同じ捨て場に置かれます。

捨て場は共有で、ルーンを持っている…つまりそういうことだぞ!

リーダーとキャラは別

リーダーカードとキャラクターカードは別の扱いなので、リーダーカードと同名のキャラを場に出すことはできます。リーダーカードがあると強くなるキャラも収録されるみたいですね。

スリーブについて

原則としてスリーブについてのルールは公式で決まっていません。3重スリーブまでって決まっているくらいです。ただしスリーブを使う場合は「メインデッキと同じスリーブ」でなければいけないそうです。

メインデッキと別ならスリーブは一緒じゃなくても良いのでは?と思うかもですが、捨て場が共有ということはその後メインのカードと一緒に使うこともあり得る、その時スリーブで区別ができると都合が悪いとのことでした。

まだ未確定のこともいっぱいあるよ

まだはっきりと答えられないこともあるそうです。

例えば「ゲーム外」そのもの。

リーダーカードがリーダー化する前に存在する場所で、恐らくリーダー化のスキルを使ったキャラも置かれる場所です。キャラエリア、リーダーエリア、タウンエリア、ダメージエリア、タウンデッキ、メインデッキの場所だけ決まっていて、「それ以外の何処か」とまでしかまだ公表できないそうです。

  • リーダーカード化する前のリーダーは公開情報なのか非公認情報なのか
  • リーダーカードだけブラフとして採用する
  • リーダーカードの同名の採用上限やリーダーカードの枚数(メインやタウンデッキのように何枚もしくは何枚までと決まっているのかどうか)
  • リーダー化のスキルを使用したキャラの置かれる場所

等、ゲーム外という領域に関することは正式な発表を待ってとのことでした。

ただ、同名カードの採用上限はメインデッキではないのでメインデッキの構築に関するカード名のルールは関与しないと回答いただきました。意味深ですね!

 

ここからはリーダーシャルロットについてのまとめです。

リーダーシャルロット

紫2コストの起動効果で、場の味方キャラ1体とそのルーンから「無作為」に1枚選びキャラクターカードを登場させ、残りはルーンとしてそのキャラにつける(色は問わない)。

というスキルを持っています。ガチャかな?

無作為について

新ワードのご登場です。一応問い合わせてみましたが無作為になるのであれば方法は問わない(裏向きにシャッフルでもなんでも互いが了承すればOK)とのことでした。だよね。

モンスターと同名カード

ルーンとして付けられるのはキャラだけとは限りません。モンスターもリーダーで張り替えて捨て場にあるリーダーもルーンとして付けることができます。では、シャルガチャでそれらや既に場にいる同名カードが選ばれた場合は?

ガチャ失敗します。キャラクターしか登場できないので無作為のガチャに一緒に入りますが、選ばれた場合はまとめて捨て場送りです!残念だったな!

登場時の処理

「登場」なので、登場時のスキルは発動できます。登場してルーンを付けるまでが処理なので、登場時にルーンが必要なキャラもルーンを満たしていれば発動可能です(つまり赤の剣士シャルをシャルに付けて確定ガチャをすれば…)。

さらに登場し直しているので、乗っていたダメージカウンターや状態異常もリセットです!

ただし、登場した扱いなので攻撃はできません。キャラチェンジはできます。

どこから登場してるの?

場で登場したわけでも、ルーンから登場したわけでも、手札から登場わけでもありません。

ここでもゲーム外か…なので、登場場所を参照するチハヤ等のスキルは発動しません。

 

まだ不確定要素もありますが、次の弾も楽しそう!

 

 

 

 

 

猫ステレポ!

こんばんは、仮面です!

猫ステフェスの対戦レポです。

2日間とも使用したのはソアラです。

ホビーステーション 名駅店様

1戦目 ソアラ 後攻 勝ち

開幕宿屋を決めて2t怪談、グラハム(ソアラソアラ ヤンキー 剣道 イサミ)不発と2tで半分詰みました。お相手はその間にバレンタインルカやキャトラやとほぼ理想ムーブ。
こちらもすぐにバレンタインルカが引けましたが、ほぼ追いつけず5t目にイサミが着地し、バレンタインルカ+レベル3の布陣を作られました。どう見ても6tソアラの盤面なので、ジャガーを引くしかなかったのですがドローでは引けず、バレンタインルカのアシストでなんとかジャガーが引けたのでイサミを撤退、更に次のターンで紅の王を引けたのでバレンタインルカを撤退、お相手は2枚目のバレンタインルカを出しましたが、どうしても山札を1枚にできなかったらしくバレンタインルカだけ起動してターンが返ってきました。こちらの残デッキは11枚でお相手6枚だったので、ソアラ算はやめてバレンタインルカでアタック。茶熊キャトラ捲ったらソアラ算しようと思っていましたが3点トリガーしか捲らなかったのでアニバーサリールカに夏ヨシュア乗せて2枚目の紅の王でお相手のキャトラを撤退させ、夏ヨシュアアタックからの紅の王にイサミ乗せてアタックして勝ち。

2戦目 後攻 黄t青 勝ち

序盤から神主でツキミをサーチされたので、バレンタインルカはとりあえず保留。

エリオットから入られましたが、こちらも紅の王やジャガーを引けていたのでレベル2を徹底的に撤退。4ターン目にバレンタインルカ着地させ、1度使えれば良いやくらいでしたがお相手は5t目に宿屋捲ってツキミが出せずでした。

この1ターンがかなり大きく、6tソアラ決めようかと思いましたが引き切るためにはデッキに残っているヤンキーや自傷カードを引かなければならず、引けないとティナの圏内に入ってしまうのであえて6t目はソアラだけ出して何もしませんでした。

お相手は7tでまた宿屋を捲り、ソアラを倒すこともティナで決めることも出来ずで返しにソアラ決めて勝ち。

3戦目 赤単 先攻 勝ち
お相手3tの間タウン事故
その間にキャトラ、バレンタインルカ、キャトラ、リアムとまっすぐ削って5.6t目とシャルロットを2回撤退させ6ターン目で出していたソアラから7ターン目で剣道決めて勝ち

2回目のシャルロットは少し危ない橋を渡りましたが、グラハムで受けて3点トリガーと全オフを捲り完璧でした。

4戦目 赤単 先攻 勝ち
お相手3ターン無色でその間に盤面展開(デシャヴかな?)、バレンタインルカのドローと絡めて引きたいカード全部引けました。
そのまま5ターン目にソアラ展開し、6ターン目でソアラ決めて勝ち。

お相手が事故ってこちらは理想ムーブなので負けはないです。

結果4勝0敗で優勝!プレイマットやったー!


ホビーステーションささしま店様
1戦目 魔導赤 後攻 勝ち
最速の2tリリー覚醒まで。
こちらは盤面を整え、横展開(レベル1めっちゃ引いた)。
3ターン目にシルヴィア立てられたので紅の王でリリーに3点当てておき、返しのシルヴィア6点をデッキで受けて3トリめくってリリー撤退。
リリーは1度リリーを崩せば数ターン止まるのでお相手が立て直しているうちにデッキ枚数やわ調整。素出しの覚醒ミレイユから魔シャルロットをサーチされ登場までしましたが、ジャガーで撤退させ次のターンでソアラ決めて勝ち
2戦目 カスミ軸赤単 先攻 勝ち
最速でオウガシャル決められたけど、3点と紅の王合わせてシャル撤退。初ターンで宿屋めくっていて、オウガシャルに覚醒ソアラ2枚落とされたので自傷ソアラ落ちないかヒヤヒヤしながらデッキ調整。
7ターン目でデッキ1枚になるまでめくり覚醒ソアラ引けたので勝ち
3戦目 オウガシャル 後攻 負け
最速3tでオウガシャル決められ、舞妓でシャルロットを撤退。
横展開している間も削られ、5t目に1度盤面を立て直すもレベル3が引けておらずターンを返しました。お相手は前のターンに覚醒ヨシュアでサーチしていたシャルロットを素出し。6t目で宿屋を捲りソアラを回収しましたが、レベル3が確保出来ずバレンタインルカ起動させ、レベル3が引けたのでターンを返したところ、シャルロット、覚醒シャルを受け止め残り3枚で耐えたと思ったらアマタで2点削られて負け。

バレンタインルカを使うならば無理矢理にでもソアラをしないといけなくて、どうしてもできないならバレンタインルカは使うべきではなかったです。もしくは引けたのが茶熊ルカだったので茶熊ルカだけ着地させて終わりでも良かった。お相手の理想ムーブに加えて、こちらは防御トリガーを全て引いてしまうという運の悪さに甘えた行動までしたので完敗です。
4戦目 赤緑剣士 先攻 勝ち
覚醒ヨシュア、覚醒エリスで互いにサーチしあうデッキ。
ヘレナから動けたので盤面は作れましたが、お相手が早いのでアルカやリアムで受けつつデッキ調整。
5ターン目に宿屋めくったので、4コストで剣道無しで動いてソアラ決めて勝ち。

早いデッキは男気ソアラ決めるしかないですね。
5戦目 赤単 後攻 勝ち
お相手、4t目まで動かずのところを4tでソアラまで作ることができました。5t目でシャルロットの3点ダメージを剣道武者トリガーで全オフ。1t余裕ができたので、盤面と枚数を整えて6t目でソアラ決めて勝ち。

 

1日目は優勝、2日目は4-1と勝率は稼げましたが2連覇できなかったのがとても悔しかったです。お相手のプレイミスを許さない分、こちらもプレイミスが許されないデッキですね。

そういう意味では使っていてとても楽しいです(対面はソアラ楽しくない人がほとんどだと思うけど)。

ルール改正の話も出てきているので、今後どこまでソアラが使えるか分かりませんがまた公式イベントがあれば楽しみたいと思います。

2日間、参加された皆様お疲れ様でした!対戦してくれた皆様ありがとうございました!

 

2日間のお疲れ様でした!

お久しぶりです!仮面です!

ホビーステーション様主催のネコカイベント

猫ステフェスに2日間参加してきました。参加された皆様、運営スタッフ様お疲れ様でした!

1日目 ホビーステーション 名駅店様

1戦目 ソアラ

2戦目 黄t青 ○

3戦目 赤単 ○

4戦目 赤単 ○

4-0で優勝!

2日目 ホビーステーション ささしま店様

1戦目 赤単 ○

2戦目 赤単 ○

3戦目 赤単 ✖️

4戦目 赤緑 ○

5戦目 赤単 ○

4-1で3戦目で敗退。

2連覇逃したのがとても悔しいですが、プレイマットは1枚勝ち取りました!やったぜ!

※対戦レポは別で書きます。

f:id:kamen4645:20190618065844j:image

やっと公式のイベントで結果を1つ残すことができました。

さて、ここからは今回使用したデッキの紹介です。

f:id:kamen4645:20190618065235j:image

【SDS(スーパー・ドロー・ソアラ)】

レベル5

覚醒ソアラ 転職勇者Ver×3

レベル4

ソアラ 転職勇者Ver×3

ヨシュア サマーVer×1

レベル3

イサミ×2

ルカ アニバーサリーVer×2

ルカ 茶熊Ver×3

ルカ(PR)×1

レベル2

リアム×2

ルカ バレンタインVer×3

紅の王×2

レベル1

アルカ×2

ヘレナ×2

グラハム×1

キャトラ×3

キャトラ 茶熊Ver×2

モンスター

ヤンキー星たぬき×3

舞妓たぬき×1

剣道武者×2

グレイルジャガー×2

タウン

剣術研究所×3

赤ソウル発掘場×1

私立茶熊学園×3

怪談パーティ会場×2

宿屋×1

スーパードローなんて名前にしましたが、ソアラのタイプでは1番メジャーな形かと思います(数枚、個人的にオシャレカード入れてるけど)

【勝ち筋】

説明いらないと思うけど、一応。

自分のデッキを残り1枚にすると勝てる。

意味不明ですね。

覚醒ソアラは自分のデッキが6枚以下の時にルーンを満たして登場すると自身以外の場のキャラ全てを撤退させます。そして6枚以下の時にお相手のデッキにダメージを与えて生き残ると自分の残りのデッキ枚数と同じになるように、お相手のデッキを破棄します。

剣道武者を付与して、確実に攻撃を通してお相手のデッキを1枚にしてターンを渡せば勝ちです。

【立ち回り】

  • 序盤は横展開とパーツ集め

盤面を横に広げながらバレンタインルカやヤンキー星たぬきでパーツを集めます。

同時に紅の王やグレイルジャガーで脅威になるカードは破壊していきます。

手札と場の準備が整ったらリアムやイサミ等の自傷と合わせてデッキ枚数を調節し勝利の方程式を組みます。

ソアラ算ができたらあとは覚醒ソアラに剣道武者を付与して攻撃宣言をするだけです。

どうでも良いけどソアラ覚醒剣って何かの技名みたいで勝手に使ってます。

【採用カードについて】

f:id:kamen4645:20190620174353j:image

フィニッシャーなので両方3積みです(勝つ手段はソアラしかありません)。

f:id:kamen4645:20190620233328p:image

  • バレンタインルカ

序盤のエンジンです。このカードが引けているか、引けていないかは勝敗に直結します。

ヘレナ等も合わせて手札に引き込みたいカードです。アシストでルカネームを捨てなければならない為このデッキには大量のルカを採用しています。ルカ好きにはたまらないね!

ルカネーム

バレンタインルカのアシストをするためのカード達です。バレンタインルカも含め11枚投入してあります。イサミ以外でのレベル3で使ったり、自傷やレベル1の赤としてアルカが必要になることもあるのでドローのコストにするかキャラとして使うかの判断がとても重要になるキャラ達です。

f:id:kamen4645:20190620233341p:image

  • PRルカ

これを採用している人はほとんどいないと思います。個人的には結構気に入ってるオシャレカードです。ソアラの1つの分岐点である5ターン目にちょうどソアラと合わせて5コストで出せます。そうするとソアラが5/5になるので除去し辛くなるのですね。また、横の赤キャラ全員1/1上がりますのでバレンタインルカが3/4になったりアルカが3/3になったりします。なので、6ターン目にソアラ出そうとする時も1ターン凌ぎやすい盤面にしてくれます。

f:id:kamen4645:20190620233355p:image

  • アニバーサリールカ

調整中に教えてもらったカードです。

最初はルカネームを増やすくらいのつもりでしたが、よくよく見ると体力4と高めの数値に気付きました。黄色が対ソアラで使ってくるツキミやミラーで撃ち合う紅の王に1枚で取られない体力だったのでとても活躍しました。

また、シャルロットを撤退させずに突破のダメージを抑えるのにも役立ちます。3枚入れたかったですが、枠がなかったので2枚の採用。

f:id:kamen4645:20190620233410p:image

  • 茶熊ルカ

体力は低いですが、攻撃が4もあります。

ルウシェやシャルロットへの牽制として使えます。ただ、紅の王やツキミに簡単に取られてしまうのでアニバーサリールカとどちらを使うかはお相手のデッキや手札を読んで分けていきましょう。

f:id:kamen4645:20190620233705p:image

リアム、イサミに続くレベル4の自傷カード。

ソアラ以外でイサミを消す手段として重宝します。ソアラ算はソアラと組み合わせて一気にデッキを減らしていくわけですが、中盤にどうしてもレベル3を素出ししなければいけない場面もあります。木星たぬきもスタコラも採用していないのでルーンを後付けする手段がなく、素出しレベル3にソアラを重ねてしまうと舞妓たぬきが必要になります。そんな時にヨシュアがあるとレベル3を消して、レベル2からソアラに乗り直すことができます。さらにリアム→イサミ→ヨシュアと4(3)コストで6枚削れるのでかなり使いやすいです。

f:id:kamen4645:20190620234424p:image

  • グラハム

これも調整中に教えてもらってカードです。

確定ではないですが、レベル3も手札に入れられるカードです。またデッキボトムを操作することで、デッキの底にソアラがあって負けるという事態を回避できます。3点トリガーと合わせてシャルロットの撤退を狙えるのも良いです。

f:id:kamen4645:20190620233800p:image

  • 紅の王

ソアラを劇的に変えてしまったカードその1。

手札消費のない、小型のジャガーみたいなスキルをもっています。ミラーでバレンタインルカを撤退させたり、他のキーカードを撤退させます。レベル2でデッキ調整もできるジャガーって書くとどれほど強いか伝わるかな。

ルーンが必要な点と最大で3点しか出せないという点には注意です。

f:id:kamen4645:20190620233914p:image

  • 私立茶熊学園

ソアラを劇的に変えてしまったカードその2。

普通に使うと無色ですが、デッキを1枚削ると3色の中から好きな色を作れます。このタウンの登場によりソアラの安定性がかなり上がりました。2枚採用が多いイメージがありますが、自分は都合よく引けないので3枚採用です。

f:id:kamen4645:20190620234246p:image

元々、木星たぬきと合わせて1枚ずつの採用でしたが木星たぬきのコストが重いのと、会堂赤に対してトリガーしても何も解決しないのでシャルロットの対策も兼ねてグレイルジャガーを2枚にしました。グレイルジャガーでないと解決できない場面も多々あったので、変えて正解でした。

f:id:kamen4645:20190620234306p:image

  • 宿屋

恐らく宿屋も採用しているのは自分だけのような気がします。ソアラ自傷をしていくデッキなので運悪くソアラが全部落ちるということも稀にあります。そうなると回収手段が必要になりますが、そこは宿屋を選択しました。

というのも他の回収手段にどうにも疑問があったからです。

赤の回収トリガー、ウィズ、ゴロレオン辺りが回収手段となります(イグニチタ型もいるって聞いた時は驚きました)。

回収トリガーは個人的に好きではないのと、ソアラは自分で削るのでトリガーとして捲らないことの方が多いのと対面が分かっているお相手だと不発に終わる可能性が高いと考えました。

ウィズは覚醒ソアラしか回収できないので、解決策としては不十分(ウィズも無色ですし)、ゴロレオンも手札からでないと拾えないし使うためには緑かアジトが必要になります。

宿屋なら序盤の躓きもありますが、機能すれば確実に足りないものを拾えるのでテンポよりもメインデッキの枠とお相手や自分に影響されない方法をとりました。

ソアラというデッキ】

ソアラは非常に安定していて、運要素も他と比べて少ないデッキです。

更に現状、不利対面になるデッキがないと思います。先攻で最速オウガシャル叩きつけられると苦しいですが、そうでもない限り会堂赤にすら有利とっていると思っています。

こちらは40枚のデッキで戦うのに対し、お相手はデッキ15枚前後での戦いをさせトリガーやタウンを機能させないのでそれは有利取れますよね。

他のデッキ以上に事故やプレイミスも許しません。それやると一気に駆け抜けます。まさに勝つためのデッキという感じです。

ただし、他のデッキに以上に自分もプレイミスを許されないデッキでもあります。1度崩されてからの立て直しが難しく、デッキの残り枚数の正確な確認や手札を装う動きをするなどの番外戦術も必要だと思ってます。

どの色もソアラへの対抗策自体は持っていますが、ソアラもそれらに対する対抗策は持っていますのでしっかりと対応しましょう。

ソアラ算をしよう】

一般的にソアラが決める為の残デッキ枚数は13枚程と言われてました。

私は今のソアラは16枚から圏内だと思っています。キルターンは理想ムーブで5ターン、首尾よく動ければ6ターン、後は妨害や事故で延びていく感じです。

では、何処でソアラ算の詰めにはいるかを決めているのか。これはタウンと盤面の状況で決めています。

具体的に書くなら

  • 5ターン目にソアラがもう立っている
  • レベル3とバレンタインルカがいる。
  • 6ターン目にレベル3とバレンタインルカがいる

この3つとタウンに見えている私立茶熊学園の数、残りのデッキ枚数を合わせて判断します。

ソアラが場にいるならば、自傷カードで一気に削れますし、場が埋まっているならバレンタインルカやヤンキー星たぬきで一気にカードを引くことができます。この時に何ターン目でソアラ算をするか決め、お相手の場や手札を読みながら場をどのように作っておくかが重要になります。

準備が出来たらデッキを残り1にするだけです!

ソアラを選択した理由と猫ステフェスの考察】

今回の猫ステフェスに参加するにあたって、何を握るか悩んでました。

勝つための条件はソアラ、会堂赤と勝負できること、名古屋なので橙、青、紫も視野には入れておかなければいけないことだったからです。

猫ステフェスに参加すると決めてからソアラ、会堂赤、WEアンジェラでどれを使うか迷いました。今回の環境はソアラは当然いますが全体的にはソアラより会堂赤を筆頭に他のデッキの方が多いと考えました。むしろ各店舗に参加しているソアラ自体はそこまで多くないかと。もともと周りでもソアラを使ってる人が少なく、全体的にも対ソアラの経験値が足りてない人が多い印象でした。ならば、ソアラと当たっても1、2戦くらいで今回の大会の為に急遽ソアラを握った人との試合ならミラーでも有利になると考え、ならば全てに有利対面が取れるソアラを選択しました(普段から使っていたし1番慣れているデッキですしね)。

16店舗の優勝デッキをまとめてくれた方のツイートを見ましたが11店舗はソアラが勝ち抜いたみたいですが、各店舗のソアラ自体は数人だったのではないでしょうか?少なくとも参加者の半分以上はソアラってお店はないかと思います(想像ですけど)。

2日間の戦績も合わせて8-1なので、ソアラを選択して正解だったかなと思います。

【今後のソアラ

ネコカ初の規制が入るかも知れないと噂されていますね。サブマリンフェスタでもしっかりと結果を残していますし、今回も結果だけならほとんどソアラですから無理もないですが。

デッキとしてはネコカをやっていくのにとても大切な要素がたくさん詰まっており、慣れていないと扱うには難しいデッキです。

特性上、対面して喜ばれるデッキではないですが今からでも一度は触っておくべきデッキだと思います。個人的にソアラが結果を出したのは、ソアラが強い、使った人も強いはもちろんありますが、まだ全体的に対ソアラの経験が足りていないので暴れまわったというのが1番大きいと思ってます。直接規制されるのか、ルール改正で構築変更を余儀なくされるかわかりませんが使えるのであれば使いたいデッキですね(フリーや使う理由が無い時のフレンドミーティングでは使いませんが)。

 

 

 

 

 

 

 

平成最期のフレミいってきたよー!

お久しぶりです!

仮面です!

急いで書いてます!

 

今日は平成最期のフレミにいってきましたー!

最後に使ったのは橙を軸にしたワールドアンジェラ!

結果は2位でした!

終戦ソアラに負けました。

捲りもトリガーも全部強かった…

従来のスーパードローではなく、また新しい形のソアラでした。

思いっきりネコカできて楽しかったです。

さて、平成も色々ありましたが令和でもまたよろしくお願いします!

デッキ紹介【9】

仮面です。

先日の非公認大会で使用した「オウガシュート」の紹介です。

※サンプル画像は公式より転載

基盤は前に紹介したものと同じですが、それを改良、調整しました。

前のオウガシュートの記事はこちら↓

デッキ紹介【8】 - 白猫TCG盛り上げ隊!

今回使用したのはこちら↓

f:id:kamen4645:20190325070112j:image

キャラクター

レベル5

  • 覚醒ダグラス×1

レベル4

  • ダグラス×2
  • シャルロット 茶熊Ver×1
  • パハロ×1
  • ヨシュア サマーVer×1
  • エレノア×1
  • 覚醒シャルロット×1

レベル3

  • シャルロット×3
  • 覚醒ヨシュア×3
  • ミレイユ 茶熊Ver×1
  • レイヴン×1

レベル2

レベル1

  • ヘレナ×3
  • キャトラ×3
  • キャトラ 茶熊Ver×2

モンスター

  • 破滅の邪龍×2
  • 舞子たぬき×3
  • グレイルジャガー×2
  • サンタ大鬼×1

 

【変更点】

エレノア×2→エレノア×1 ヨシュア サマーVer×1

レイヴン×2→レイヴン×1 ミレイユ 茶熊Ver×1

サンタ大鬼×2 グレイルジャガー×1→サンタ大鬼×1 グレイルジャガー×2

上記の部分を差し替えました。

エレノアについて

後半にエレノアでオウガをまとめて付けて舞妓たぬきで突破を付ける。

決まればとても強い動きだと思います。しかし、この動きにも弱点があり場にレベル3、捨て場にオウガ、手札にエレノアと舞子たぬきと結構準備が必要になりました。また、序盤にオウガシュートできていれば中盤にエレノアを使って圧力をかけ、撤退したら後半に2枚目のエレノアで!という動きも強いのですが、結局オウガが必要なのです。故に手札に2枚きてしまった時が弱いので、1枚減らしました。

レイヴンについて

レイヴンは正直、今でも悩んでます。

このカードゲームはバニラにもしっかりと役割がありレイヴンは役割がかなり多く持て、使い勝手が良すぎます。

低コストの4/3なので受け止め範囲も広く、オウガと組み合わせても強いです。

どうしても入れたいカードがあり、他に入れ替えるカードが無かったから複数あるレイヴンと入れ替えたという感じですね。

サンタ大鬼について

このカードも結構悩んで差し替えました。

誰もが経験あると思いますが、レベル2が手札に無い…あれば勝てた。という状態があると思います。それを解決してくれるカードなのですよね。特にこのデッキの場合、オウガとヨシュアリクルートできるのでかなり強力です。

実際使ってて思っていたのはコストの重さがネックなのと、自分の場を強くする事しかできないということです。

6ターン目までにオウガシャルロットなどを決めていて、うまく撤退できていれば2枚目のシャルロットを使って再びオウガシャルロットを決めにいく、ミレイユ 茶熊Verの為にレベル2を用意すると使い道は無限にあるのですがお相手に盤面握られているとそれどころじゃなくなってしまうのです。

なのでこちらも2枚かさばるよりは1枚引けたら良いという事で、1枚の採用に減らしました。

新たに採用したカード

ヨシュア サマーVer

f:id:kamen4645:20190326113922p:image

剣士 軽コスト レベル4 5/5

と高水準でまとまったカードです。ただし、デメリットとして登場時に自分の山札に2点ダメージが入ります。

そんなデメリットを抱えつつも採用したのはスタッツの高さです。このデッキは攻撃5が少ないというかほぼいないので、体力5のキャラに一方取られてしまうことが多かったです。

黄のツキミに紫のマフユや緑のガレア、リネアなんかは特に天敵でした。

それらに対して逆に一方を取ることができ、雑に置いてきた4/3にも強く出れる、それでいてコストは軽くサーチまでできるので正に理想の1枚でした。同じ条件でデッキダメージのない、ギュスターヴもいますがあちらは少しでもダメージを受けると攻撃力が下がるためデッキダメージを受けてでもスタッツの安定を取りました。覚醒ヨシュアを自分から消せるのも利点ですし、デッキダメージはうまく使えば覚醒ダグラスの条件を満たす事にも繋がります。

ただ、今回は赤が多かったのでミラー戦になるとなかなか出し辛いカードではありました。

ミレイユ 茶熊Ver

f:id:kamen4645:20190326113939p:image

レイヴンを1枚削っての1枚採用です。

デッキ内のあらゆるヨシュアに繋がるため、かなり使い勝手が良かったです。

レイヴンと違いスタッツが3/3しかないので、受け止め範囲は狭いのですがオウガと組み合わせる事でヨシュアをサーチしながら5点の攻撃力が出せるので攻撃不足はあまり感じませんでした。オウガを使う場合、レイヴンの6点もミレイユの5点もそこまで差が開くわけではないですし(なんなら両方ともキャトラで止まったり、トリガーで撤退もしやすいですしね。)

攻撃面ではミレイユがヨシュアをサーチして後続を確保できる分、動きが強いです。

名前を分ける事で、同時に場に出すこともできるようになりました。

グレイルジャガー

f:id:kamen4645:20190326114000p:image

非公認の直前まで、実はグレイルジャガーを2枚ではなく、サンタ大鬼×1、グレイルジャガー×1、木星たぬき×1にしていました。

木星たぬきは手打ちはグレイルジャガーと同じですし、覚醒ダグラスや覚醒シャルロットなどをルーン無しで出している時のルーン補助、そして橙や紫に対してルーン剥がしが刺さると思っての採用でした。

しかし、実際に使ってみると…?

・3コストが重い

・ルーンの補助がいらない

・グレイルジャガーなら間に合っていた

というような場面が非常に多かったのです。

まずコスト面についてです。

グレイルジャガーは2コストで使えるのに対して木星たぬきは3コストです。この差は非常に大きく、キャラを並べて使う必要があるので実際に使うと並べるキャラのコスト+3コストということになります。

ヨシュアやモモ出すだけで実質5コスト使ってますね。これが非常に重く、グレイルジャガーなら4ターン目で3点トリガーを踏んだキャラなどに対して間に合うのに、木星たぬきでは間に合わないというケースが多かったです。

ルーンの補助についてですが、そもそも覚醒ダグラスや覚醒シャルロットがルーン無しで使わなければならないという場面が少なかったです。覚醒シャルロットはオウガシャルロットがメインなので覚醒シャルロットのルーンを満たすのは難しいですが、そもそもルーンが無くても強いですし、覚醒ダグラスも終盤に使う時ルーンを満たせるように動いています。

そして、結局は+3コスト使うので重いのです。3あれば2連パンくらいできますし、シャルロット出せますし、剣術研究所が1枚打てます。

ルーン剥がしは紫や橙に刺さるといえば、刺さるのですがルーンを抱えたキャラがいる時に攻撃を受けて、捲らないといけないのですね。

更には、ルーンを剥がしたところでそのキャラ自体は生きています。最近の紫や橙はルーンの後付けも容易なので、ルーン剥がしが決定的に刺さる場面というのは中々無かったです。

またこのデッキは全オフが3枚と多めだからこそ、シャルロット 茶熊Verやエレノアも活きてくるデッキでした。

そうなるとサンタ大鬼を2枚に戻しても良い気もしますが、上記で書いたように2枚もいらないならば盤面に干渉しやすく、全オフを持っているグレイルジャガーを2枚にしました。

実戦では大活躍してくれました。

ソアラ戦でのドローエンジンになるルカ バレンタインVerとシャルロットを受け止められるルカ 茶熊Verの撤退。ヨシュアミレイユ戦での覚醒リリーとシャルロットの撤退。3戦目の赤単のシャルロットに対して全オフと機能しない場面はなかったです。

【まとめ】

全体的に軽く、攻撃力のある構築を目指しました。実戦でもお相手が準備していたり、テンポロスをするとそのまま駆け抜けることもできました。ただし、宿屋を採用している以上どうしてもテンポロスが起こる場面は出てきます。

デッキパワーはそれなりにあると思うので、後は後攻でテンポロスした場合のゲームメイク、それを意識したマリガンも今後の課題かなと思いました。

 

 

 

あの激闘から1年

こんばんは、仮面です。

今日で白猫TCG最大のイベント「エキサイトアリーナ」から1年経ちます。

※エキサイトアリーナとは白猫TCGの全国大会です。

時間が経つのは早いですね。

あの時は4弾とアーモンドプレミオまでの環境だったと思います。

1月の予選に当日の大会ととても盛り上がっていましたね。

私は予選は岐阜以外の東海を周り名古屋の最終日、最後の店舗で権利が取れたのが思い出深いですね(日に日に手札もドローも弱くなっていくし、最初に強気に攻めたが故に負けたのでそれから弱気なプレイングしかできなくなってました。)。

当日の本戦は予選の時が嘘みたいに調子良かったです(それでも2敗してますが)。

前日祭も盛り上がっていましたね!

前夜祭は皆さん、当日使う色を隠して別の色を使うと思っていましたがほとんどの人が当日使う色の構築を少し変えて挑んでて予想外でした。ちなみに私は$$$で挑み全敗です。

でもKMPさんと試合できたので嬉しかったです。

その後、フォロワーさんとフリーで当日持ち込むつもりだったデッキを回して最終チェックしてラーメンとビールで乾杯してました。

別れてからはふと雷門に呼ばれお参り、その後デッキシート書くためにホテルでデッキ広げて、本当にこれで良いかの最終確認をしてました。動作確認や、微調整はフリーで終えていたのでどちらかといえば自分自身がそれで納得できるかの確認でしたね。採用カードから採用枚数まで全てに理由が言える状態だったので納得してデッキシートを記入しました。

迎えた当日は、ゆっくり構えて本戦…!

なんて思ってましたが、5時ごろに目が覚めて(寝たの3時だったかな?)ふとTwitterを見たらもう物販が並んでるとのこと…

準備して5時30分から並んでました。偶然にも取ったホテルが会場の目の前だったので幸運でしたね。そして物販並びつつフォロワーさんに挨拶周りもし、本戦駆け抜けてました。

本戦の様子はこちらをご覧ください↓

http://kamen4645.hatenablog.com/entry/2018/03/27/200607

全国大会という舞台も初めてでしたし、ここまで本気で挑んだカードゲームも初めてでした。

本当に貴重で楽しい体験をする事ができたと思います。

今年はエキサイトアリーナのような大規模なイベントがあるのかいささか不安ですが、また何かやって貰えると嬉しいですね。

 

 

 

【大阪遠征】非公認大会行ってきました!

こんばんは、仮面です。

昨日、大阪で行われた非公認大会

白猫TCG ~Famiglia(ファミリア)~ 対戦会の部

に参加してきました!

20人(当日参加の方もいたのかな?)以上で勝ち残りトーナメント式という、負けは許されない白熱した試合ができました。

企画・運営して頂いた皆様

参加・対戦して頂いた皆様

ありがとうございました!

横では別の企画で初心者さんも交えて交流会もされていて、そういった企画もいちユーザーとしてありがたいですね。

さて、ここからは対戦レポです!

使用:オウガシュート

戦績:4勝1敗 準優勝

1戦目:緑単 先攻 ○

覚醒カティアまで採用された、ゴリゴリの毒タイプ!槍軸での緑でした。

とりあえず手札が強く、ヘレナから始まり2ターン目にヨシュア、覚醒ヨシュアでシャルロットサーチしてアタック。後に厄介になるであろうアピュトと聖夜アピュトをここで落とすことに成功。お相手はもヘレナから始まり、聖夜アイラを登場させてましたがSSを温存しておりその間に覚醒ヨシュアの2回目のアタックで結構なダメージトリガー引いて場を撤退。

返しに聖夜アイラのアタックで4点トリガーで撤退させることに成功と、かなり綺麗に動くことができました。5ターン目からはオウガもシャルロットも揃えられていたのでオウガシュートも決め、シャルロットの登場時で4点トリガーも1枚燃やすことに成功しアタックが通るのでダメージは稼げるもトリガーで撤退を繰り返しました。

終盤、覚醒カティアとガレア、覚醒ベルメルの盤面まで構築されましたがそれまでのダメージレースが圧倒的に有利だったことと最後に再びオウガシャルロット+光の会堂で9点アタックも決めることができ毒に繋がるものをほとんど落とすことができていたので、返しで耐えて勝ち。

2戦目:SDS 後攻 ○

ソアラ相手に後攻取ってる時点でだいぶ辛かったです。しかも、1ターン目に宿屋捲りました。2ターン目にヘレナからヨシュアをサーチしてそのまま覚醒ヨシュアに乗り、シャルロットをサーチしてアタック、ヤンキー星たぬきを捲り覚醒ヨシュア撤退、返しに怪談パーティ会場でヤンキー星たぬき回収ともうほぼ詰みでしたね。バレンタインルカも展開されたので、とりあえずガン攻めのプランはやめ、ギリギリのところで攻められるよう構えるプランに変更。

幸い、手札でオウガシャルロットとグレイルジャガー2枚を握れていたので被ったオウガも合わせて横展開して盤面構築してました。

5ターン目でシャルロットを受けられる茶熊ルカとドローソースになっているバレンタインルカをグレイルジャガーで撤退、6ターン目でギリギリでしたがお相手がプレイミスをしたのでオウガシャルロットで勝ち。

3戦目:赤単 先攻 ◯

サイコロ3回も振り直した。

お相手が初手宿屋で躓いたので、ヘレナからスタート。ヨシュアを覚醒させて攻めるもトリガー踏んで撤退。そのまま3ターン目まで動けなかったそうでヨシュアビートしてましたが、どのヨシュアもなんならオウガシャルロットもトリガー踏むので、ダメージは稼げてますが盤面がボロボロに。5ターン目からお相手もシャルロット着地しましたがこちらも全オフや茶熊キャトラがうまく刺さりました。

お互い、トリガーの妨害がうまく刺さりながらの殴り合いになりましたが序盤にダメージレースで引き離せていたのでそのままオウガシャルロットで勝ち。

4戦目:紫単 先攻 ◯

2ターン目まで怪談パーティ会場で色が生み出せずで躓いたところをがっつり攻めた試合でした。

1ターン目にヘレナからスズネをサーチされていたので2ターン目にヨシュアを置いて狙い撃ちしてもらい、返しにオウガミレイユしようと思っていたのですがテンポロスでヨシュアが生きました。ドローとキャトラでも覚醒ヨシュアは引けなかったので、ヨシュアに茶熊ミレイユを乗せて覚醒ヨシュアをサーチ。アタックをヘレナでブロックされたのでパハロをキャラチェンジさせてアタック。返しの3ターン目にメリドから覚醒メリド、4ターン目にカレンと出されましたがこちらはもうパハロや覚醒ヨシュアにダグラスを乗せての連パンに入りました。

5ターン目からヴィシャスがくるも、ここまででトリガーもルーンパワーも落としていなかったのでヴィシャスも強化されず、そのヴィシャスもトリガーで撤退させることができました。

ただ、あまりにもトリガーを捲らないのでシャルロットを安易に登場させることができず、抱えたまま覚醒ダグラスとパハロのビートになっていました。

6ターン目にハロウィンオスクロルが出てきたのでどぐう連打が怖かったですがどぐういなかったようです(ここで山に大量に残っていることを確信しました)。

7ターン目になりこちらの猛攻でキャトラは全て落としていたので、オウガシャルロットを狙うもシャルロットの登場時にどぐう2枚捲り、シャルロットが撤退…になりましたが剣術研究所を1回使えるようにしていたので、剣術研究所で勝ち。

5戦目:赤単 後攻 ✖️

お互いに2ターン連続宿屋をしてしまうという事態に。

お相手は2ターン目にグラハム、こちらは2ターン目にヘレナとだいぶ不利な対面に。

グラハムをヘレナで受け止め、ヨシュアをトリガーで落としましたが、ヘレナでヨシュアサーチされてと動きが止まらなかったです。

何とかこちらもヨシュアから入るも、最速シャルロットがきたり、グラハムからミレイユを経由して覚醒リリーまできたりと猛攻が止まりませんでした。リリーのアタックで茶熊キャトラが撒かれたのは幸いでしたね。横でシャルロットが構えていましたから。

覚醒リリーのアタックで4点トリガーを捲ったので、返しに横展開してグレイルジャガー2枚で覚醒リリーとシャルロットの撤退に成功しましたが今度はダグラスとミレイユ並べられ、グラハムもいました。残り山札が4枚しかなかったので、どうにか詰め切るしかなかったのですが必要なもの全部落とされていたのですよね…

こちらの場には覚醒シャルロットを展開できていたので、そこから攻めたところ覚醒ダグラス、覚醒ミレイユ、3点トリガー、茶熊キャトラを捲り10ダグラスと防御札が3枚とかなり強固な盤面に対し、こちらはキャトラ(茶熊キャトラで封印)、覚醒ヨシュアは3点トリガーで撤退、覚醒シャルロットオフという盤面で負けました。

覚醒ヨシュアからアタックするのが正解だったかな(それでも怪しいですが、茶熊キャトラの位置を忘れましたが捲らなければ勝ちでしたし、防御されても受けるキャラが1体減るのでプレイミスでした)。

全オフに怯えた結果ですね、もう少し冷静になるべきでした。

今回の最強カード

f:id:kamen4645:20190324210508j:image

オウガ&シャルロット

です!

このデッキのメインウエポンです。

どんな時でも叩きつけると強力な組み合わせですね。決勝以外ではどの試合でも活躍してくれました。決勝はオウガも引けなかったですね…

決まれば戦況をも覆すパワーは持ってますので、1戦目の緑や3戦目の赤との試合では特に活躍してくれました。

最後に

他県への非公認遠征は2度目ですが、やはりこちらとは環境やプレイングが違って面白いですね。

私が開いた仮面舞踏杯の時は紫や青、橙がほとんどでしたが今回は赤が多かったですね。

終戦は運が悪かったのもありますが、それ以上に構築、プレイングで負けてたと思います。

焦って攻め時を間違えていますし、実はギリギリまで悩んで採用しなかったカードが必要でした。

コントロールタイプのデッキも意識していたので、純粋な殴り合いでリードされるとオウガシャル以外での覆しが難しいのですよね。

優勝こそ逃しましたが、準優勝と結果は残せたかなと思い次の機会にまた頑張ります!